ファイナンシャル・プランナー.net

ファイナンシャルプランナーの将来性

現在の日本社会には、自分で一生懸命かけた年金も、
老後に貰うことができるかどうかがわからないという現状があります。

 

そのような中、国や会社を当てにすることはできません。

 

自分の資産は自分で守ることが必要になってきます。

 

そのような時、アメリカのように、
身近にファイナンシャル・プランナーがいると
どれだけ心強いでしょう。

 

金融や不動産の資産運用や年金プランなどの検討は、
早くから行うのが理想的です。

 

しかし、ライフプランや資産運用、老後資金、保険などは、
誰もがある程度の年齢になると考えることはしますが、
なかなか他人に任せることができない日本人の体質はまだまだ根強いです。

 

ですが、今後、ファイナンシャル・プランナーという資格が認知され、
その必要性が認められるようになれば、
ファイナンシャル・プランナーが活躍する場はどんどん広がっていくはずです。

 

しかし、今の段階では未知数です。

 

いずれにしても、完全分業体制である日本では、
ファイナンシャルプランナーとして活躍するには、
税理士とファイナンシャル・プランナー、
社会保険労務士とファイナンシャル・プランナー、
不動産鑑定士とファイナンシャル・プランナーというように、
他の資格とあわせて資格を取得し、
独立し開業したいものです。