ファイナンシャル・プランナー.net

ファイナンシャル・プランナーの独立から開業

ファイナンシャルプランナーとは、
クライアントの収入や借入、家族構成、金融資産、年金、
不動産、保険、税金などの情報を収集し、
ライフプラン全般に関する一切のアドバイスを担当する
コンサルタントです。

 

このような業務を担うファイナンシャル・プランナーとして
独立し、開業するには、
日本では、まだ土壌が整っていません。

 

アメリカでは、弁護士や医師などと同じように
ファイナンシャル・プランナーはとても重要性の高い職業として
認知されています。

 

しかし、日本社会では、たとえば資産運用なら証券会社、
不動産運用なら不動産会社、税務相談なら税務署や税理士事務所、
ライフプランや老後資金・年金問題は生命保険会社や
社会保険庁など、それぞれの役割分担が決まっています。

 

このように専門が縦割りで明確に分かれている日本では、
ファイナンシャル・プランナーという資格だけでは、
「弱い」という点があります。

 

日本では、まだまだファイナンシャル・プランナーについての認知度が低く、
社会的ステータスも低いため、
独立し、開業してクライアントを得ることは難しいでしょう。

 

独立し開業しているファイナンシャル・プランナーでも
一定のクライアントを持っている人は少なく、
コンサルティング業務以外にも、講演会や企業研修の講師、
雑誌の執筆等の仕事をしている等します。

 

しかし、企業内のファイナンシャル・プランナーは
人数的にも多く、活躍の場を与えられ、その技能を発揮しています。

 

特に金融機関や証券会社、生命保険会社では、
社員に積極的にファイナンシャル・プランナーの資格取得を奨励しています。