ファイナンシャル・プランナー.net

ファイナンシャル・プランナー.netへようこそ

ファイナンシャルプランナーは、
企業内での需要はとても高いですが、
国家資格としての将来性は未知数です。

ファイナンシャルプランナーとは

ファイナンシャル・プランナーは、
ライフスタイルや価値観、経済的な環境を踏まえながら、
収支と支出の内容、資産や負債、保険など
クライアントに関するあらゆるデータを集めて現状を分析します。

 

分析結果を元に、クライアントの問題や不安を解決するために
クライアントの立場で考え、
ライフプランを提案し、コンサルティングを行います。

 

アメリカ等では、一般的な資格ですが、
日本でのニーズも高まりつつあり、
資格取得者が増えています。

 

ファイナンシャル・プランナーとは、
従来はAFPとCFPが一般的でした。

 

AFP

 

AFPとは、日本ファイナンシャル・プランナーズ協会が認定する
国内資格で、ファイナンシャル・プランニングを行う
基本的な技術と知識を持ち、
適切なアドバイスと提案書の作成ができることを証左するものです。

 

CFP

 

CFPとは、日本ファイナンシャル・プランナーズ協会が実施する
FP上級資格のことです。

 

米国CFP BOARDが認定する国際ライセンスです。

 

このCFP試験に合格すると、
国際的に通用する高度な知識と技能、
十分な経験と倫理観を身につけているFP技能者として認められます。
そして、国家試験の技能検定試験に合格した人は、
FP技能士の称号が付与されます。

 

ですが、FP技能士は国家資格にはなったはものの、
弁護士や公認会計士などのように、
その資格を持っていなければ業を行うことができない
「業務独占資格」とは異なり、「名称独占資格」です。

 

名称独占資格とは、
技能検定試験に合格した人でなければ称することができない
というものです。

ファイナンシャル・プランナーとして活躍するには

現代の日本社会では、ファイナンシャル・プランナーとして活躍するには、
企業内で活躍するという方法が一般的です。

 

特に金融・証券・生命保険会社では、
ファイナンシャル・プランナーの資格は優位になります。

 

独立し開業するのであれば、
他の資格を併せ持つ人が多く、
たとえば公認会計士や税理士事務所を開業していて、
ファイナンシャル・プランナーの資格を取得するケースが多いです。

 

会計や税務プロが、
さらに自分の専門性を高めるために
ファイナンシャル・プランナーの資格を取得し、
それを武器として、独立開業を成功させているのです。